バイアグラが発売された当初、200万枚という処方箋が発行されたにもかかわらず、死亡例が30件未満という数字は、薬の副作用の死亡事故としては少ないのではないでしょうか?

確率としては6万人に一人です。これは安全な薬の基準を下回ているといえるのでしょうか?
as

バイアグラの製造元のファイザー社では4500人の被験者に6年間に及ぶ臨床試験を続けてきました。

薬の安全性を知るには、まだ発売から時間が少なすぎるからです。

また、今まで勃起不全で性行為を長年していなかった人が、バイアグラの飲んでいきなり全力で性行為に取り組めば、当然心臓にかかる負担も大きなものになります。

バイアグラが直接、副作用を起こさないとしても、こうした原因でもバイアグラを服用後に死亡したケースとしてカウントされてしまうのです。

30件の中にこのケースがどれぐらいの割合で含まれているかはわかりませんが、俗にいう腹上死でも日本でも毎年何件か報告されています。

また、バイアグラを服用後変調をきたした心臓病患者がいても、周りの人間がバイアグラを飲んだことを知らなければ、発作の治療としてバイアグラの近畿薬であるニトロ系の薬を処方してしまうことも想定されます。そうすると、直接の死因はバイアグラではなく、ニトロ系の薬による過剰作用ということになります。

 

まだ、バイアグラの死亡原因の因果関係を解明するには至ってはいないのが現状ですが、今後様々な併用による副作用のデータが公開されるイことで解き明かされていくことでしょう。

とにかく、バイアグラを使用しようと考えている方は、一度医師の診察を受けて相談することをお勧めします。そのうえで、自身がバイアグラを服用しても大丈夫な体質だを分かれば、個人輸入をして服用することもできるようになるでしょう。